ある冬の朝

b0128609_16172849.jpg


b0128609_16172865.jpg


b0128609_16172885.jpg















[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-28 18:17 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

白銀が朝日に染まるころ

b0128609_16070307.jpg

撮影終えたはずなのに
三脚を担いで車に戻りつつ後ろを振り返ると

b0128609_16074429.jpg

これも「あじゃねえ。」と
昇る太陽は
足を車へと足を進めさせなかった。

b0128609_16095529.jpg

朝日ばかりか、
木の影も良いじゃないかと僕をそそらせた。
宝の世界に遭遇するとこうなるのかもなあ。
あっという間の2時間だった。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-26 19:08 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

夜明け

b0128609_11393592.jpg
山の向こうは徐々に明るくなってくるのだが
太陽はなかなか顔出さなかった。
一応の目安の日の時間はとうに過ぎていた。


b0128609_11393405.jpg
やっと顔出した太陽。
向こうに構えるカメラマンのシャッター音が
聞こえてきそうだった。


b0128609_11393545.jpg

夜明け。

b0128609_11393573.jpg

ようやく太陽は全貌を見せてくれた。
僕は撮り終えた感で充実した気分だったが
今日は始まったばかり、
これで「終わった」と感じるのも変な気分だった。





[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-24 18:39 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

冬、暁待つ時

b0128609_11281415.jpg
夜明け前、静かだった。
だださえ静かなはずの朝なのだが
雪が消音効果なっているのか一層の静けさがあった。


b0128609_11281372.jpg

こんな早朝でも空には飛行機雲
「そうか、海外線なら日本時間は関係ないのか。」


b0128609_11281390.jpg

などと、空を見ながら
暁を待った。
そんな事くらいしか時間つぶすものもなかった。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-22 18:24 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

冬、日の出をねらう

b0128609_11140516.jpg

久々に雪の積もった早朝の福島潟へ行った。
カメラマンは他にいたが、
歩くのは未開地をかき分けて歩くような
雪だった。

b0128609_11140671.jpg

歩きずらい、
休憩代わりに「ここで一枚。」とシャッターを切る。
そしてまた進んでいくだけで、
気温が低いはずなのに服の下は汗をかいてきた。

b0128609_11140549.jpg

でも、日の出前のこんな雪の光景を見たら
来て良かったのと思えた。






[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-20 19:04 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

つかの間

b0128609_11034938.jpg

グズつきぱなしのお天気、
写真って気分にならないのだけど、右手の人差し指が
「押したい!」と渇望する。


b0128609_11034965.jpg

そして、今日は行けそうだと車で出掛けた。
現場に到着し、「これか、これか」と撮り始めると雨!
この時、即座に車へと撤退だった。





[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-18 18:49 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

羽越本線月岡駅で

b0128609_10425814.jpg

色見つけ。

b0128609_10425453.jpg

冬場は色の風景が少なくなる。
白い風景もたまにいいが、毎日毎日だとなあ。
こんな光景でもいいね!の僕。

b0128609_11014529.jpg

そして、停車中の貨物コンテナにスリスリと触ると
ボディの冷たさに、こんな寒い中ご苦労だなあと
貨物に思った。





[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-16 18:41 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

雪の福島潟

b0128609_11023117.jpg



b0128609_11023122.jpg


現在はすっかり雪も消え鉛色の空をバックに白い影の白鳥も
シベリアへと帰ったのか姿は見えなくなった。
雪のある時に見る白鳥よりも、
「帰ったかあ。」といなくなってからの方が白鳥に感傷的になるのか
思いがつよい。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-14 18:27 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

b0128609_14393454.jpg



b0128609_15001898.jpg
新潟市西蒲区にあるワイナリー「カーブドッチ」、
初めて来たのはいつ頃だったろうか、
新潟にこんなことがあったんだとそれまで知らなかった自分に
我が新潟を知らなすぎるなあと反省した。


b0128609_15001872.jpg

ワイナリーの隣はネギ畑になっていて、
ネギ畑は日本中でここだけはないはずだけど
ネギってこんな食べるものだろうかと、
この広いネギ畑ゆえにに考えなくては入れらなかった。



[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-12 19:00 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

夕陽迫るワイナリーにて

b0128609_14500380.jpg



b0128609_14500327.jpg

以前来ていた時は右側の窓に猫がいた。
いつもそれを狙っていたのだが、この時は
そんな気配はまったくなくなっていた。

b0128609_14500392.jpg

もういなくなったのかと、
ジロジロ探すこともしないで庭の方にまわった。
夏場なら結婚披露広場にもなってるが
同じ白いドレスは、白い雪に代わっていた。








[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-10 19:49 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

冬のワイナリーにて

b0128609_14393385.jpg

何度もここへ来ているが、真冬に来たのは初めて。

b0128609_14393346.jpg

当然、僕はお客なんてあんまりいないだろうとタカをくくっていたら
駐車場は満車状態だった、それも夕日の時間帯である。

b0128609_15001862.jpg

とはいえ、誰もいない時を狙って撮っていると
グループのオバサンがやってきて
撮っている僕をジロジロ見て建物の中へ消えた。

冬場でオヤジひとり写真撮影、大きいカメラ、プロ風に構えたりして
そんな場面は似合わないと云わんとしたのだろうか。
果たしてどんな思いでジロジロ見たのかと僕は気になった。



[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-08 19:38 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

b0128609_14163137.jpg


カップルの男は、「あっ、カメラ!」と云わんばかり走っていった。
こんな場面にオヤジひとりがひょいと出くわすと、どうするか?


b0128609_14163184.jpg

やがて、「夕陽と広い海は二人のため」とこうなる場面を想定。


b0128609_14163151.jpg

あとは、二人の世界の邪魔をしてはいけない、
またふたりに当て付けられ恥ずかしいようなでもあり、
とっさに僕は建物の影に隠れた。

二人の世界のために、僕は身を引いたのだった。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-06 19:10 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

雪の砂丘畑

b0128609_13551692.jpg



b0128609_13551647.jpg

シャッター押す枚数が多かった。
家を出る時は「50枚も」撮れたら良しするつもりが
あちこちで”いいね”のシャッターを押し100枚は越えた。

b0128609_13551638.jpg

まだまだ行けそうだがキリがなくなる。
この坂道で四ツ郷屋の砂丘畑は終わりにしようと決めた。

「ちょっと寄ってみようかな。」が意外な光景を見つけた。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-04 18:39 | 情景・風景・スナップ | Comments(2)

b0128609_22385689.jpg

「おい、おい、おい。」と

b0128609_22385598.jpg

まさか、ここでこんな光景に出会うとは。

b0128609_22385532.jpg

ある日銀行の通帳を見ると100,000,000と
たくさんのゼロが並んでいたのを見たようだった。 

でも、実際はそんなゼロの行進は見た事はないんだけどね。







[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-02 19:38 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

白い風景の畑

b0128609_22235719.jpg

普段なら何てことない光景も
この日は違った。
やっぱりそれは雪。

b0128609_22235721.jpg


b0128609_22235780.jpg
ネギ畑だって、休業中のトラクターだって
この日、僕には眩しく見えた。





[PR]
# by nyanta2030 | 2018-02-28 19:22 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

”いいね”の丘

b0128609_17223556.jpg



b0128609_17223551.jpg

四ツ郷屋の砂丘畑にある丘を登りながら
身近にこんな光景が合ったことに嬉しくなり
「”いいねの丘”だなあ。」と僕は名付けた。


b0128609_17223432.jpg

たぶん、雪がなかったらここは素通りしたかもしれない、
雪は好きではないが感謝の四ツ郷屋の砂丘畑だった。





[PR]
# by nyanta2030 | 2018-02-26 19:21 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

b0128609_16551566.jpg




b0128609_16551453.jpg



b0128609_16551598.jpg

初というのか、四ツ郷屋の砂丘地で”雪の丘”は初めて、
大体冬場にはここへ来る発想も浮かばなかった。
来てみると雪が積もっている方が雑草など雪に下にあるので
以前の登ったより登りやすいと云えばやすかった。

そして四ツ郷屋の冬、雪の丘を初登頂。
やっぱり俯瞰の光景は気持ちがいい、雪の風景の方が合っていそうである。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-02-24 18:52 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

雪の日、ガード下

b0128609_11180459.jpg



b0128609_11180432.jpg

夏場は夜にウォーキングなどで通るが
夜は不気味感ないとはいえないガード下なのだが。


b0128609_11180576.jpg

ここまで来る間にずっと傘をさして
普段傘なんてささない僕としてはウットウシイ。

大雪の日のガード下では、傘はさす必要がなく
ウットウシさから解放されたよう気分と
雪で景色が明るくさに
「こんな景色もありだな。」とちょっと余裕からで眺められた。



[PR]
# by nyanta2030 | 2018-02-22 19:17 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

ほんわかな雪

b0128609_11062144.jpg



b0128609_11062070.jpg

正確な気温はわからなかったが
雪の降り方、雪質、風、時間帯から判断して
マイナスだろう。

その時、駅前のイルミネーションの灯りで雪の風景が
優しく、ケーキのようで美味しそうに見えた。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-02-20 19:05 | 情景・風景・スナップ | Comments(2)

雪の降る夜は~

b0128609_21251202.jpg

猛烈な雪、小休憩することもなく
あっという間に積もった。

用事に感謝。

こんな雪の中好き好んで歩きまわるなんて、用事ゆえのお出掛け。
ついでにカメラを持ちだすも傘をさしての撮影はやっぱ撮りずらい。


b0128609_11013352.jpg


なのでガード下では傘をさす必要もなく
カメラを構えらるのに嬉しくなった。
「それにしても、良く降ってくれるもんだ。」


b0128609_21251210.jpg


この時、しっかり用事のついでにカメラを持ち出したが
用事がなかったら、こんな光景も撮るどころか
しみじみ「降るなあ。」と思う事もなかったろう。

用事に感謝

そして雪の降る夜は、雪を理由に一杯、一杯、また一杯。






[PR]
# by nyanta2030 | 2018-02-18 19:25 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

雪の日、傘をさす。

b0128609_21135008.jpg

雪の日カメラを持って出掛けたのだけど、
片手にカメラ、片手に傘、
おまけに荷物もあった。
案の定、傘がジャマになった。


b0128609_21135101.jpg
かと言ってこれでは傘はささない訳にいかず
ブレ気味だったが撮っていると、夜の雪の風景に僕はこの日ハマった。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-02-16 19:13 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

雪の参拝

b0128609_17160024.jpg



b0128609_17160156.jpg


雪の日の参拝、もっとも雪が降った故に参拝と合わせて撮影で寄ったのだけど
一気に積もるほどの雪、こんな日は神社だって参拝者はいないのではと
一人独占のお願い参拝だったが、
既に足跡が二人分あった。

いるんだねえ。






[PR]
# by nyanta2030 | 2018-02-14 19:07 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

雪降る日

b0128609_17160106.jpg



b0128609_17160030.jpg

雪降るに日にカメラを持って出掛けた。
陽は暮れ暗くなっているが白い雪が
まわりを明るくした。


b0128609_17160193.jpg


無論、カメラを構えながら片手は傘をさしていた。
雪で明るくなっているとはいえ、
ブレが気なる、立っている足元だって
踏み固められてなく、ちょっとふらついた。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-02-12 18:56 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

乙宝寺で

b0128609_15443292.jpg



b0128609_15443358.jpg

雪が降っても、こんなものかと思っていた頃、
雪国の人間は冬はこんな雪なら誰も文句はいわないし、
「ありがたい。」と感じる人もいるはず。


b0128609_15443279.jpg

しかし、胸の奥底では雪国は雪が当り前であり
それが「なかったら」、不安に変わって来る、
このままでは、何が起きるか、今年の夏は水不足かも、などなど。

しかし、今現在はうざいくらい雪は降り、
ジャマだ~と、暖かい所に行きたいと雪はいらねえと思っていても
来るもの来ると胸の奥底では撫でおろしいるはずである。








[PR]
# by nyanta2030 | 2018-02-10 19:43 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

晴れてた空もやがて

b0128609_15242133.jpg



b0128609_15242256.jpg

青空、晴れていた空も
あっという間に雪が降り始めた。

b0128609_15242142.jpg

耐えられたが、カメラを持っていては
退散しかなく、カメラを隠すように砂浜を僕は走った。
そして途中で、方向を失った。





[PR]
# by nyanta2030 | 2018-02-08 18:24 | 海風景・スナップ | Comments(0)

冬の浜辺で

b0128609_15290541.jpg



b0128609_15290502.jpg



b0128609_15290420.jpg


北風が強く、寒さ、そして誰もいない、
でも心細くなっても こんな風景が好きだ。
寂しいような思いもあっても
シャッター切りながらワクワクしている僕もいる。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-02-06 18:28 | 海風景・スナップ | Comments(0)

われ海辺ひとり

b0128609_14481599.jpg



b0128609_14481643.jpg

冬の海は誰もいない、お天気良ければ
浜辺には釣り人の姿があることもあるが、この日はいなかった。


b0128609_14481602.jpg

いつもなら向こうの堤防には釣り人姿があるのだが、今日はいない。
波はちょっと高く、風は冷たい、釣りはキツイかも。

なので周りには誰もいない海辺は、それはそれで独占感もあり良いのだけど
北風寒さが心細さを感じさせた。







[PR]
# by nyanta2030 | 2018-02-04 18:47 | 海風景・スナップ | Comments(0)