春の路地歩き

b0128609_15342132.jpg



b0128609_15342107.jpg

路地を歩くのは、冬だって夏だって変わらないのだけど
気持ちの良い天気で、どことなくやましさなくなるのか、

b0128609_15342275.jpg

街の裏歩きも楽しくなってくるのは
狭い、暗いような路地までも日差しがまわるようになるからかも。

b0128609_15342167.jpg

そんな気分でいると鳥居の向こう見える「P」だって
お化けがこちらをのぞいているようにも見えてくる。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-05-21 18:33 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

春を歩く

b0128609_15224435.jpg

高台からの光溢れる市内を見て
「春になったなあ。」と感じた。

b0128609_15224489.jpg
リアルでは、初夏なのかもだが
僕のブログではまだまだ春、「やっと春」、路地歩きも楽しくなってくる。


b0128609_15224424.jpg
そして春を探す。

b0128609_15224380.jpg

見上げれが青空、これが良いです^^




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-05-19 18:14 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

岩ケ崎海辺の風景

b0128609_10212240.jpg



b0128609_10212219.jpg
左に見える箱の脇には羽越本線が通る
昔、通過時刻も確認せずに、ここで電車待ちした経験がある。
それは延々と待つようだった。
それから安易に、電車撮りはしなくなった。


b0128609_10212221.jpg



b0128609_10212283.jpg

鉄撮りの場所決めしていると、
イソップ童話の「水甕とカラス」の話の想い出すような風景があった。
ちょっと石は大きいが、「イソップだなあ。」だった。

また、まわりの枯れた草が寝ているのを見て
今年の冬は雪でこのあたりもかなり積もったのだとわかった。



[PR]
# by nyanta2030 | 2018-05-17 18:21 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

b0128609_10020700.jpg

あまりに良い天気に柏尾の高台から
久しぶりに鉄でも撮ろうという気分になった。

b0128609_10020710.jpg



b0128609_10020773.jpg

「やっぱり、まずは日本海に浮かぶ粟島をバックに。」等と考え

b0128609_10020804.jpg

遠くの踏切から、カンカンカンカンの音が聞こえてくると
「来るなあ。」シャッターチャンスを待つ僕は
いつの間にか撮り鉄の人になった。


[PR]
# by nyanta2030 | 2018-05-15 19:01 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

桑川寸景

b0128609_09425183.jpg


桑川の集落を歩いて、海辺に出る。


b0128609_09425143.jpg


海の向こうには粟島が見え
この光景を見るたびに僕はいつもと同じく


b0128609_09425207.jpg

昔話に出てくる鬼ヶ島のイメージって
こんな感じの風景なのではと思う。
この船はさしずめ鬼ヶ島への連絡船ってことだろうか。

b0128609_09425224.jpg
天気のいい浜辺では、そんな想像もさせてくれるのだった。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-05-13 18:36 | 海風景・スナップ | Comments(0)

野焼きの日の夕景

b0128609_15092364.jpg

野焼きの終わってしまった福島潟到着したのは夕方、
炎に、立ち上る煙が撮れなかったことで
「今年は撮れんなかったか。」消沈気味だった。

b0128609_15092343.jpg

だからって、すぐに帰るには、もったいない様な
まだまだ撮りそこているものがありそうで

b0128609_15092363.jpg



b0128609_15092476.jpg

陽の傾き始めた福島潟を歩きまわった。
いつもの往生際の悪いオレだった。

それにしても、まだまだ明るく、陽が伸びたなあと感じた。



[PR]
# by nyanta2030 | 2018-05-11 19:08 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

野焼きを思い出す

b0128609_14435136.jpg


野焼きの終わった跡を眺めて見ていたが
ついている火、煙がない光景は物足りなく感じた。

b0128609_14435145.jpg

これだって、焦がす程度に終わらず
炭になるくらい真っ黒に焼けばいいのに、思ったが。

b0128609_14435279.jpg


火の点けられた形跡のない野原を見て
全部燃やす訳ないんだと、燃え跡の未完な光景を見て
どういう訳か、ホッとしたよう気分になった。


b0128609_14435253.jpg



b0128609_14435255.jpg


ともかく、春の始まり、
「そろそろ桜だなあ。」の季節の変わり目を感じた。





[PR]
# by nyanta2030 | 2018-05-09 19:43 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

野焼きの跡で

b0128609_14284636.jpg

夜、布団に入りに目をつぶると、野焼きの風景が急に浮かんだ。

b0128609_14284659.jpg

確か撮ったが、カメラデータを見ていないのでは?と。
確認するとやっぱりだった。
当日は撮り行けず、偶然通りかかった野焼きの現場を車の窓から撮ったので印象が浅かったのかもしれない。

b0128609_14284592.jpg

その夕方に野焼きの場所へ行ったが、当然火の気はなかった。
少しくらい燃え残りはないものかと
ここに立ち、「火元?」と眺めていると

b0128609_14284515.jpg

「ここは燃えてないなあ。」とこれは野焼きよりも、
消防署の出火原因探しのようになっているのに気づく。

b0128609_14284533.jpg

ともかく、野焼きの跡
春の始まりだった。





[PR]
# by nyanta2030 | 2018-05-07 19:10 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

浜辺の集落の風景

b0128609_16335621.jpg



b0128609_16335699.jpg



b0128609_16335737.jpg



b0128609_16385017.jpg

東北大震災以降、あちこちで海辺の工事増えた。
ここは津波なのどの避難のための丘なのだが
地盤が悪ければ意味がないので崩れないように擁壁(ようへき)工事中。

b0128609_16435459.jpg


ちょっとばかりフランケンシュタインのような痛々しさはあるのだが
今までの自然の風景よりも安心ってことか。

b0128609_16335758.jpg


のんびりした風景、
つうか普通はカメラを向けると逃げるウミネコも
この時僕が撮り終えるまで待ってくれた。





[PR]
# by nyanta2030 | 2018-05-05 19:33 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

岩ケ崎の春

b0128609_16174456.jpg


毎度訪れる村上の岩ケ崎の風景。
何度見みても僕は飽きない風景がここにある。


b0128609_16191780.jpg

以前は、ここをそのまま右カーブして通り過ぎていたのに
一度、「どうなっているのだろう。」寄ったら「こんな景色が隠されていのかあ。」と喜び発見だった。


b0128609_16174490.jpg




b0128609_16174449.jpg


そして以前はもっと先まで行き左の墓地当たりまで行っていたけど
そこも変わってしまったのもあるけど
今はこの風景が一番。

b0128609_16191794.jpg

近くには、廃墟も同然なレジャー施設もあったりして
そこから吊り橋越しに眺める瀬波温泉の風景も
岩ケ崎に立ち寄るようになってから、
以前は、車で さーーーと素通りだった。






[PR]
# by nyanta2030 | 2018-05-03 19:14 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

b0128609_21212894.jpg

廃線なり長らくあったレールも取り払われた。

b0128609_21212877.jpg

その線路固定して犬釘もお役目御免という訳で
どことなく寂しそげに見ない事もない。

b0128609_21212839.jpg


隣の石油基地にも同様に貨物の引き込み線があったが
今では貨物の姿どころか、
ここも線路がなくなっている。

b0128609_21212871.jpg

そのフェンスにある「火気厳禁」の表示もだったらもう関係ないのじゃないか
それを踏まえてフェンスのその文字の前でタバコ吸ったら何か気持ち良さそうな気がしたが
廃線と同じく、僕もタバコをやめた。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-05-01 19:15 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

安心の赤ストライプ

b0128609_15053917.jpg



b0128609_15053940.jpg
白いポンプに赤いコック。
渋みをのある配色と錆びて掛けた年季の良さが
わかるようになるには年を取らんわからんかも。

b0128609_15053981.jpg

偶然なのか意図時なのか
ハンドルまで赤った。
やっぱりこれは消防署のこだわりなんだろう。





[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-29 19:05 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

馬下の壁

b0128609_15171587.jpg

はげ山のような中腹にある小屋
海辺のなので津波とか災害の物見小屋とか思っていたら
そうではでなく「ポンプ小屋」だと地元オジサンに教えてもらった。

b0128609_15171523.jpg
すぐ前は海、災害とか事故とか見渡す為の物見か、
ひょっとして神仏関係の建物だと思っていら
大外れだった。

b0128609_15171558.jpg
そんな予想を覆すような風景に
錆びた鎖を見つけた、以前はなかったのに
「COOL」に見えないこともない。


b0128609_15171564.jpg

厚い壁はすぐ目の前は線路、
崖崩れして線路に土砂が流れ込まないようにと
防護壁のなんだろうか
この厚みにそんな考えを納得させる。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-27 18:16 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

風車の見える丘

b0128609_14401224.jpg

淡いレンブラント光線、
そこにはイタリア半島のような雲が見えた。

b0128609_14401294.jpg


b0128609_14401363.jpg

その丘を越えた向こうには海が見える
ちらっと見える色気の魅力見せ方よろしく
丘の向こうにちらりと海が見えると
ドキドキしてくるんだなあ。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-25 18:40 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

中村浜の丘から

b0128609_14382392.jpg
砂丘を見渡せる丘


b0128609_14382336.jpg
向こうに数基の風力発電機風車が見える、
どことなエヴァンゲリオンに出て来そうな
進化と廃墟の混在する未来の風景を思わせる。



b0128609_14382293.jpg

なにゆえか道路脇のフェンスと砂丘、風車、海が
僕のお気に入りの地にさせた。



[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-23 18:37 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

親鸞と風車

b0128609_14253664.jpg

空が色づき始めた頃の佇む親鸞像と風車

b0128609_14253595.jpg

車運転中に眺めながら大きいのはわかっていたけど
立ち止まって改めて見るとデカい。

b0128609_14253573.jpg
そんなデカい風車たちを率いる親鸞みないな。

ドン・キホーテは風車に向かっていき
親鸞は風車を従えている、
僕の想像力は、そんなようにしか見えない。



[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-21 21:24 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

荒井浜にて

b0128609_14121478.jpg

船小屋の崩壊進んでいた。

b0128609_14121555.jpg

そんな光景に「いいねえ!」していたのに
改めてそれがより進んでいることに気がつく。

b0128609_14121549.jpg

初めて訪れた時は、風車はなかった。

b0128609_14121545.jpg


感傷に浸るように眺めていると
ブーン、ブーン、ブーンとやってきたパラグライダーに

b0128609_14540622.jpg
「これもなかったなあ。」と、ぼんやり眺めた。



[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-19 19:11 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

春新潟、日々是好日

b0128609_01101420.jpg

八千代橋の上から信濃川を眺める。
そこに当たる光と風景に「春はいいわ。」だった。

b0128609_01101396.jpg

そんな日は、映画のポスターだって
どことなく面白そげに見えたり。

b0128609_01101337.jpg

ビルの谷間の自転車たちだって
生き生きしているような。

b0128609_01101476.jpg

春は、いいですよ。
歩く人、自転車の人だって、寒い冬を越え暖かくなると
どことなくおっとりしているような。





[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-17 19:09 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

小さな旅新潟駅

b0128609_23225866.jpg

新潟駅1番線の到着

b0128609_23225882.jpg

駅全体を写そうとホームの端まで歩くのだが
誰もいない所、一人歩く僕に交代乗務員視線が
「こやつ、無賃乗車して逃げる?」とそんな目線でもあった。
先までの行けば何とかホームから抜け出そうでもあった。

b0128609_23225847.jpg



b0128609_23225825.jpg

駅での電車を俯瞰するのはちょっと萌え。

b0128609_23225926.jpg

新潟駅万代口のバスステーション前、
電車に乗り、、、旅、駅に到着すると、、、やっぱり旅、
駅を出てバスステーション前の人流れを見ては、、、ここでも旅気分だった。

地元での地元の旅気分、ちいさな旅。



[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-15 19:13 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

隠れ小路からちょっと旅

b0128609_22012744.jpg

隠れ小路を見るける。
行き止りのようだが、「待てよ、こらあ何かあるぜ。」と
進んでいくと左に路地があった。
「ほらな。」

b0128609_22012747.jpg

出た通りには名前が「敷島町通」、たぶん初めての通りに
ちょっとばかり興奮。

b0128609_22012819.jpg

ドーム型ガード下、
いつからあるのか、いつ造られわからないが
その造りに円は強度が強いって事がわかった。

b0128609_22012859.jpg

越後線「白山駅」、僕の知っている白山駅とはすっかり変わってしまった。
昔からどこにも見られるような駅ではなかったけど

b0128609_22012838.jpg
変わってしまった今でも
あちこち駅をまわって駅を見ているが珍しい(郊外の私鉄駅って感じ)。
この駅のホームのカーブがそれも単線だぜえ。


[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-13 19:01 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

りゅーとぴあ 辺りで

b0128609_21395690.jpg

いつも行くと誰かしら本を読んだり
学生は勉強しているのだが、
さすがにこの日差しは眩しいのか、暑いのか
いない。
でも、僕なら眩しい、暑いよりも、座っていたらたぶん眠気だと思う。

b0128609_21395611.jpg

りゅうとぴあの空中庭園からの眺め、
やっぱり新潟は空が広い。

b0128609_21395696.jpg

赤い存在感、果たしてこのお役目なんなんだろう。
足の長い僕は、その上をまたぐのだった。

b0128609_21395598.jpg

赤いポストの存在感、青空に映えた。
誰かに手紙でも書いて投函。
果たしてこの気持ちまで伝わるだろうか。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-11 19:39 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

燕喜館の春

b0128609_17230287.jpg

白山公園にある燕喜館、年に一回くらい入館するのだが
桜の頃なら庭の枝垂れもキレイだしと
来るのはその時と、建物の前に立っていた。

b0128609_17230349.jpg

撮っているうちに、「それは、それ。」と寄ることにした。
畳敷きの縁側(廊下?)に陽が差してのを見て
来てよかったと思った。

b0128609_17230236.jpg



b0128609_17230337.jpg

「それは、それ。」として桜頃になると
ここにいつも誰かいて、写真を撮っているのだがと、
今は雪が解け、青空と気温の暖かさに
梅を見ずして桜を感じた。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-09 19:22 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

古町カメラさんぽ

b0128609_16334542.jpg



b0128609_16334530.jpg



b0128609_16334432.jpg



b0128609_16334495.jpg



b0128609_16334424.jpg




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-07 18:32 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

青空とそぞろ歩き

b0128609_15592851.jpg



b0128609_15592918.jpg
カメラを構えながら「春っていいなあ。」と思う。


b0128609_15592969.jpg
この時まだ日陰には雪は残っていたものの
ないに等しい、残った雪よりも青空と温かさが


b0128609_15592930.jpg

冬場のいつもの風景を違うように見せた。
そして金属部分に触ると
温さにニヤリと「いいね!」した。




[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-05 18:59 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

二葉町の青空

b0128609_15522900.jpg

天気予報でわかっていたけど
いざ朝起きて窓から外を見ると、その青差にジッとしていられなくなった。

b0128609_15522938.jpg

青空と体に感じて来る温かさかが
いつもと歩む速度遅くした。

b0128609_15522913.jpg

いつも見ている光景が、いつも違うのように見えるのである。
”おっ?”、”おっ??” と感心しながら写真を撮っていると
先に進まないのだが、お天気がかわらないうちにと急ぐ必要がまったくなった。



[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-03 18:52 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

浜辺の赤い屋根

b0128609_15424363.jpg

毎年砂で風景が変わる浜辺。
砂の上のブルドーザーのキャタピラーの跡でも、それがわかる。

b0128609_15424380.jpg

何十回も見ていた上新栄町浜の赤い屋根に
初めてタッチした。
その瞬間自分が大きくなったような、屋根に触った嬉しさと共に
なんだかおかしな感じになった。

b0128609_15424344.jpg

砂の山を登れと云わんばり、砂山が出来ていた。
どうしようかと迷ったけど何度も見ている風景に
たまには触るだって悪くないと
砂山を登り屋根にタッチ。
見ているだけよりも、この建物に親近が湧いた。





[PR]
# by nyanta2030 | 2018-04-01 18:37 | 情景・風景・スナップ | Comments(2)

冬の影

b0128609_16235292.jpg



b0128609_16174462.jpg




b0128609_16293391.jpg



b0128609_16174417.jpg





[PR]
# by nyanta2030 | 2018-03-30 19:23 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)