漁師小屋のある風景; White Chair

b0128609_004340.jpg

b0128609_004775.jpg

b0128609_002719.jpg

b0128609_001948.jpg

b0128609_003395.jpg

漁師小屋の前に一脚の白い椅子があった。
そこへ手押しの台車に載ったプラスチックコンテナが、「どう、お茶でも?」と、その白い椅子にさも言い寄っているように見えた。

でも、風車たち(風力発電)の手前にあった白いヘルメットは、オブジェなのか、でも誰も冬の海なんて物好きでもないければ来ないだろうにそんなお作っても意味もないだろう。
あれは海に向かって何かの連絡をしているのだろうか、「ほれ~ ヽ(^。^)ノ」 みたいに。



b0128609_005563.jpg

b0128609_005814.jpg

b0128609_01845.jpg

b0128609_003084.jpg

b0128609_012730.jpg

漁師小屋、番屋ともいうけれど、釣りにハマっていた頃あちこち良い釣り場はないかと探していた時こんな風景を目にすると
”なんだか侘しいなあ。”と感じて直視せずに脇目でみるような風景だったけれど、まさかそれが10年以上経ってからそんな漁師小屋風景が眺めていると凸凹した気持ちがピターッとはまるような落ち着く風景になり、写真撮るようにまでなるなんてそれが自分でもびっくりである。
大人になったってことか、そんな大人を鮭が窓から覗いていた。
by nyanta2030 | 2011-12-23 20:51 | 海風景・スナップ