冬、光と影: Shine and Shadow in Winter.

b0128609_048969.jpg

b0128609_0481511.jpg

b0128609_0482237.jpg

b0128609_0482139.jpg
b0128609_0481833.jpg

b0128609_0483127.jpg

冬の日差しの中を歩く。
光は弱くなって来ている、当然、影もくっきりした夏のそれよりもぼーとした輪郭線ははっきりしなくて細長い。
カメラを持っていなければそんな漠然とした感覚でしかないけれど、撮影時にカメラの露出、ISO設定をするとそれは数値で現れる。
そこには抜けるような青空もなければ、濃い影も存在しない、僕にとっては”もわーん”とした輪郭の世界の風景。

が、先日関東へ旅した時は、あきらかにこちらの冬の光と違った、光も強いし陰も濃かった、そういう訳でいうのではないが太平洋側と日本海側は光と影みたいな関係だろうか、逆に言えば太平洋側ではこんな弱い光は出せないってことだろうか。



b0128609_047569.jpg

b0128609_048784.jpg
b0128609_0485040.jpg

b0128609_0482985.jpg

b0128609_0483367.jpg
b0128609_0482425.jpg

b0128609_048079.jpg

今年も、あと残り20日余り、前半はなんと言っても大震災、直接的な大被害はないけれど毎日のニュースと余震、余震で悶々としていた。
いまだに、”また来たかな”と天井からぶら下がっている物を揺れているのではないだろうかと見る。
そんなこともあってか何でも自粛気味であったが、ここに最近に来て自粛と控えめの気持ちが堰を切ったかのように緩み始めたら
色んなものを買いだし、あちこち動きまわりだした。本来は、じっとしていられない性格、自粛して押さえ込んでいた分がどーと破けてはじけたようである。
[PR]
by nyanta2030 | 2011-12-09 19:50 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)