島見浜:Shimami-hama

b0128609_22132357.jpg

b0128609_22132819.jpg

b0128609_22133134.jpg

b0128609_22133442.jpg
b0128609_22133894.jpg

b0128609_22131546.jpg

全国的には「海の家」というのだろうが新潟では「浜茶屋」という、子供の頃からそう云ってきてるので、今更のように「それは海の家ってんだよ。」なんて云われてもしっくりこない、そしてそんな海の家と漁師小屋の混在する浜辺。
たまたましゃべっていたのを聞いたけれど何を云ってるのかよくわからんかった、浜の言葉である。

でもなんだ、ここに来るたびに思うのは阿部公房の「砂の女」。建物が砂で埋まっていたり、そこだけどう云う訳かえぐられていたりして、むちゃくちゃ「すな~!」って感じで車で知らないで入って来ようものなら埋まってしまうよう。
いつも歩きながら「ひでえなあ。」と思う、人は住んでないが生活の臭いがする、その「ひでえ」が写真的に絵になってくる。
[PR]
by nyanta2030 | 2011-11-02 22:11 | 海風景・スナップ | Comments(0)