タグ:FUJIFILM X70 ( 19 ) タグの人気記事

土筆と桜

b0128609_19495388.jpg

つくしに桜の光景を、毎年見ていたようで
でも、つくしが早かったかなと考えつつ
ともかくつくしと桜を一緒に撮っていると、
そうかこのローアングルは撮った記憶がないようなと思った。




[PR]
by nyanta2030 | 2017-05-09 19:42 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

鳳凰か不死鳥か

b0128609_15181948.jpg



b0128609_15183638.jpg

歩きまわり、くたびれ、そろそろ帰るかと車へ戻る。
途中で僕は落とし物したのに気づいた。
「えー!」と「はー。」と今日歩いて周った所を思い出して
落としたのならどこだろうと。

しかし、ひと通り歩くいてもない、「はー。」と空を見上げると
鳳凰、フェニックスか?
結局落とした物は見つからなかったが、段々仕方がねえかと思えた。




[PR]
by nyanta2030 | 2017-05-01 19:17 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

ビュー福島潟


b0128609_18244448.jpg



b0128609_18233064.jpg


[PR]
by nyanta2030 | 2017-02-21 19:12 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

FUJITSUKA HAMA

b0128609_13425931.jpg




b0128609_13302636.jpg



b0128609_13304937.jpg

風力発電の風車は以前は4本だった、なんだかそんな光景が寂しくもあり
本数が少ないのが田舎ぽかった。

今は10数本になって、本数が増えたら都会っぽいかと
寂しさがなくなったかと思えば
正直4本の頃が風景的は良かった気がする。








[PR]
by nyanta2030 | 2017-02-09 19:29 | 海風景・スナップ | Comments(0)

2016 秋 夕景

b0128609_17010124.jpg


b0128609_17010310.jpg


b0128609_17010914.jpg


b0128609_17013307.jpg


b0128609_17013612.jpg

夏が終り、「秋が来てしまった。」と思っていたら
もう実際は暦上では冬、
ストーブは離せず、机に座る膝にはひざ掛けが必須になった。




[PR]
by nyanta2030 | 2016-11-15 18:00 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

夏の残る桃崎浜

b0128609_15580118.jpg


b0128609_15575953.jpg


b0128609_15583453.jpg

夏が過ぎた誰もいない海、
でもどこか夏を感じた。

頭の中で、トワエモアがなった。











[PR]
by nyanta2030 | 2016-11-07 18:18 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

夏の思い出

b0128609_14301451.jpg

b0128609_14301706.jpg

b0128609_14303293.jpg

b0128609_14303565.jpg

b0128609_14303751.jpg

b0128609_14304145.jpg



b0128609_14385790.jpg


春の桜の季節同様に、待つのは待ち遠しいが、
それが過ぎてしまうと待っている時間の長さの数倍短さ、速さで過ぎていく。
旅行もおんなじ。

しかし、写真でしか記憶が頼れない頭の悪い僕は、
「今年夏なんてあったのあ?」と思ってしまうので写真の証拠はありがたいのである。



[PR]
by nyanta2030 | 2016-11-01 18:29 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

沼垂

b0128609_15515641.jpg




b0128609_15521052.jpg

以前は、ここ沼垂のこの石井小路に来るとこんな風景だけだったし、
カメラを持って歩いている人なんてめったにおらず、時に見かけると
「おー!」と思うだったが、最近はカップルの多い場所になった。
反対側に、錆びたトタンのシャッター街を利用のテラス商店街ができたら。

しかし、人がいなければ「寂しいなあ。」と思っていたけど
人が増えたら増えたで嬉しいけれども、人様に獲られたような寂しがあるのである。






[PR]
by nyanta2030 | 2016-10-14 18:51 | 情景・風景・スナップ | Comments(2)

のぞき穴

b0128609_15132219.jpg

のぞき、はるか昔の小学生の頃、親戚の家に行くのに歩いていると、
目の前を10歳くらいの裸の女の子が「わー!」と云いながら横切った。
パンツ一丁で両手を上げながら「わー!」と叫びながら僕の目の前を横切ったのである。
「えっ?なに、なに??」、、、、「はだか?」
横切るだけなら、「おかしな奴!」で終わっているのだろうが、
相手は、裸であり、同年くらいの年頃の僕としては「なんじゃおい!」と気になった。

その子の入っていった家の平垣の穴からのぞいた。
2、3人の女の子がパンツ一丁で、次はだれだれ、、と会話しているが見えた。

事との仔細がわかれば純情だった僕は「のぞいは行けない事だ」とやめたのが
何十年経った今でもその光景は覚えていているのは、悪い事なんだろうか。




[PR]
by nyanta2030 | 2016-10-06 19:12 | 情景・風景・スナップ | Comments(2)

いつもの所

b0128609_15304115.jpg


人様のブログを拝見すると「いつもの所」とか、そんな風に書いてある。
その人にはいつもでも、見たこちらは、
「そこはどこなんだ?”いつも所”ってのが、気になるじゃないか。」とイライラ気味に拝見することがある。

ちなみにここは、新潟市中央区古町、鍋茶屋通。
僕はこの扉羽が大好きだった、以前は藍色がかった板と錆びた鉄格子に惚れ
前を通るたびに何ど撮ったことか、それが今年こんな具合の黒光りに変わっていた。
アンチエージイングされた草臥れたような扉の変わりように僕は
これが最後かと黒く若返った扉を撮った。



[PR]
by nyanta2030 | 2016-10-04 19:04 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)