タグ:Canon 5D MarkⅡ ( 587 ) タグの人気記事

飛鳥寺にて

b0128609_11045191.jpg

歴史の本で見た、石塚が目の前にあり
なおかつ、、、、すりすりと 触れた

b0128609_11045155.jpg

飛鳥の地で遠足風景、こんな遠足は歴史に関係ない地に住む者からしたら
なんて、なんて 贅沢というか羨ましかった。


b0128609_11045034.jpg

でも、えてして、 この年代には お寺なんてどうでも良いのだろうが
教科書でる「飛鳥寺」をリアルに訪れるって、、、これってかなり凄いことだと思うのだが。


b0128609_11045028.jpg

なんと驚いた、和尚さんが団体さんに説明している前で
どこかのオヤジが、大仏にカメラ向けて撮って去っていった。
「え、え、え ???」である。


b0128609_11045003.jpg

基本神社仏閣の堂内、仏様は撮影禁止のはず、
まして歴史の本でも見た事があるような有名仏像である。
オヤジがカメラを向け去っていった後思わず、
僕は説明中の和尚さんの顔見た。
同様があったようにも見えるが平然のように見えた。

説明が終わると、「写真は撮ってもかいません。」と説明があった。
「な~んだ。」だったけど、
でもあのオヤジは、和尚さんの説明中にパチリはマズイのでは、
また神社仏閣内でカメラを撮り出しやにわにパチリってのは
マナーを知らなすぎるじゃね? だった。







[PR]
by nyanta2030 | 2017-10-17 18:56 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

室生寺五重塔


b0128609_19364559.jpg
灌頂堂と五重塔


b0128609_19392472.jpg
国宝の宝庫なような、境内は広くはないけれど国宝がいくつもある。
この五重塔は触れなかったが、なるほのどの国宝、
何年前だったか台風で後ろの木が倒れ五重塔を直撃して建物が損壊のニュースを見た。

当時はまだまだ若く、驚きはしたけど国宝っても事も知らず
ただただ昔のモノが台風の影響壊れた、「すげえなあ。」程度他人事だった。

もう、今度はそんなことはないだろうが、
「すげえなあ。」どころではおさまらいと思う。



b0128609_19392909.jpg
軍茶利明王石仏




[PR]
by nyanta2030 | 2017-10-15 19:49 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

金堂の緑地を見つけ

b0128609_15380061.jpg


室生寺金堂を順路に従い金堂の裏へまわると、僕の探していた緑があった。
建物、地面、周囲が緑が熔けて染まったように見える。
太陽の光とモミジなどの新緑の葉っぱからの透過光などの加減だと思うだが。


b0128609_15375931.jpg



b0128609_15380067.jpg


「まさか、ここで。」と突然の登場に驚きやら嬉しいやら、
それも室生寺国宝金堂の裏である、もう興奮気味にカメラをむけた。

しかし、そんな僕を「この人おかしいじゃね?」と云うような目線で女性が通り過ぎて行った。

僕は一言「何撮ってんですか?」と聞いてくれたら「おー!」てな具合になる説明をしたのになあ。





[PR]
by nyanta2030 | 2017-10-13 19:28 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

室生寺金堂

b0128609_15193579.jpg



b0128609_15193542.jpg

室生寺で有名な石段を前にして僕は
「これか~。」とニンマリした。


b0128609_15193562.jpg

そこを登ると国宝の金堂、堂内の十一面観音を拝み、順路に従い金堂を一周、
そして僕はもう一度金堂を見てまわったけど、

ここ鎧坂を登ったあたりから
境内にはオーラのような雰囲気を感じた。

来て良かったぜえ。






[PR]
by nyanta2030 | 2017-10-11 19:40 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

室生寺太鼓橋

b0128609_18453908.jpg


b0128609_18454083.jpg


「来たぞ、来たぞ。」と、目的地、目的物へとやって来た時は
だいたいもって僕はもったいぶり一気に本題へと攻めないようである。

室生寺も同様で、門を前に室生川に掛かる朱い太鼓橋を
こうか、こうか?と撮った。








[PR]
by nyanta2030 | 2017-10-09 19:44 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

室生口大野駅前探索

b0128609_21234464.jpg

駅前にはバスが停まっていて、「発車?」かと焦ったがバスの発車まで20分くらいあった。

b0128609_21234453.jpg



b0128609_21234476.jpg

「しめしめ。」とこの時間があれば「駅周辺は頂きでしょうがあ。」と
何かないかとぶらつき、ついには地元人的裏道まで見つけた。

b0128609_21234420.jpg



b0128609_21234329.jpg

しかし、一番の嬉しい発見は、やっぱこの日の青空だった。






[PR]
by nyanta2030 | 2017-10-07 19:07 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

橿原市北八木町

b0128609_19061169.jpg
JR畝傍駅からに北方向を歩いていくと
赤いポストが物言わず立っていた。
今井町ほどではないけれど、
点々と昔ながら町並みが残っている。


b0128609_19061046.jpg


b0128609_19061097.jpg


町ぐるみの観光地よりも、自分で歩いて
本物の日常の奈良を見つけるといいねえ!とニンマリしながら

僕は「ここは オレが見つけた!」と云わんばかりに
嬉しく誰かに教えたくなってくる。





[PR]
by nyanta2030 | 2017-10-05 19:06 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

畝傍駅

b0128609_15161744.jpg



b0128609_15154634.jpg



b0128609_15154749.jpg

JR桜井線「畝傍駅」(無人駅)、
この畝傍(うねび)という文字、”うねび”という言葉の響きに
歴史の奈良だなあと思っていて、
駅に訪れ撮りたいって気持ちはあったけど、
駅舎もいいけど、「畝傍」って漢字を写したかった。




[PR]
by nyanta2030 | 2017-10-03 19:15 | 駅・Station 情景スナップ | Comments(0)

b0128609_01085031.jpg

陽は傾き、狭い路地は影に覆われた。


b0128609_01085085.jpg



b0128609_01085106.jpg

東西に走る広めの道は、まだなんとか撮れそうなんだけど、
それでも北側の家々は影に入ってしまうと
僕の気持ちも同じように翳り、
「今井町を撮るぞ~」って意欲も萎えてきた、そろそろと今井町を後にした。








[PR]
by nyanta2030 | 2017-10-01 19:08 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

b0128609_16061337.jpg

まだまだ明かるのだけれど、あちこちの路地では影が目立ってきた。

b0128609_16061243.jpg


変形碁盤の目のような今井町の東西南北と道がある。
東西の道は「筋」というらしい。

b0128609_16061218.jpg

その「筋」は比較的に広めなのでギリギリ何とか撮れそうなのだが
南北を通る道は「筋」に比べると狭く、路地がほとんどなのだが、
その南北を路地が僕的には今井町の「いいねえ!」なので
その路地には影になり、写すにはちょっと時間が遅いようだったので
あきらめた。



[PR]
by nyanta2030 | 2017-09-29 19:04 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)