渋温泉 路地歩き

b0128609_01230619.jpg



b0128609_01233623.jpg




b0128609_01233623.jpg




b0128609_01241267.jpg




b0128609_01241482.jpg




b0128609_01241813.jpg




b0128609_01243611.jpg


b0128609_01243734.jpg










[PR]
# by nyanta2030 | 2016-12-11 19:22 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

渋温泉 外湯

b0128609_01172323.jpg


b0128609_01172402.jpg


b0128609_01172496.jpg


b0128609_01181529.jpg


b0128609_01183880.jpg


b0128609_01190502.jpg

b0128609_01201563.jpg


b0128609_01201926.jpg


b0128609_01202152.jpg











[PR]
# by nyanta2030 | 2016-12-09 19:16 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

渋温泉

b0128609_01131948.jpg



b0128609_01140852.jpg

b0128609_01140207.jpg


b0128609_01135745.jpg


b0128609_01135993.jpg


b0128609_01141084.jpg



[PR]
# by nyanta2030 | 2016-12-07 18:12 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

長野電鉄 夜間瀬駅

b0128609_13534431.jpg


b0128609_13540333.jpg


b0128609_13540692.jpg


b0128609_13540906.jpg



b0128609_13541990.jpg



b0128609_13541259.jpg


あちこち駅をまわっていると駅名に「ありゃ?」と思うような
聞きなれないような名前がある。
当然それは地名からくるのだろうが、
長野電鉄 「夜間瀬(よませ)」駅。
長野県の「長野」は長い野原があったとかで
それなりに地名の由来に納得するのだが。
「夜間瀬」って、、、、
僕がどんなに逆立ちしても出てこない名前だった。











[PR]
# by nyanta2030 | 2016-12-05 18:47 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

b0128609_11015664.jpg



b0128609_11015922.jpg



b0128609_11025973.jpg



b0128609_11021263.jpg



b0128609_11020968.jpg



b0128609_11031613.jpg

木造の駅舎に興奮して撮っていると
自分の停めて車が構図に入り邪魔になってくる、
普段なら入れないように撮って終わるのだが
この時は、車を移動して撮り直した。

よく見ると昭和の木造駅舎に電話ボックス、
あちこち貼られたプレートの看板の関係が
合っているようで合ってないような、、、撮っている僕には答えがでなかった。





[PR]
# by nyanta2030 | 2016-12-03 18:59 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

b0128609_10513791.jpg



b0128609_10520729.jpg



b0128609_10521508.jpg



b0128609_10521989.jpg



b0128609_10310572.jpg


ローカル線をあちこちまわっていて、駅とロケーションの良さが合致すると
こんな良い風景の駅があったのかと
「え、えなあ。」と僕は興奮してくる。

誰もいないプラットホームに独占状態に撮り放題だぜと
また興奮を増長させる。




[PR]
# by nyanta2030 | 2016-12-01 18:45 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

長野電鉄 中野松川駅

b0128609_10310668.jpg


b0128609_10310604.jpg


b0128609_10350854.jpg


b0128609_10310509.jpg

b0128609_10345446.jpg

駅撮りをしていて踏切のカン、カン、カンと音がしてきた。
「どっち、どっち?」とドキドキしてくるのは駅撮り時の特有のプチ興奮である。

「どっち、どっち?」とキョロキョロしているとわずかな振動と音から
下り方面へと来るらしいのがわかった。

そして長野電鉄の特急がやってきた。
小田急を走っていたロマンスカーである。










[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-29 19:30 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

長野電鉄 桜沢駅

b0128609_16331715.jpg



b0128609_16331687.jpg



b0128609_16372085.jpg



b0128609_16331791.jpg



b0128609_16335724.jpg

ここまで来る途中で、鉄砲の音が響いていた。
鳥脅しの空砲なのだろうが、今の季節採れるものなんだろう?
しばらく「栗だな。」と思いながらでも栗で鳥脅しの空砲って
なん、、、なんか、、、違うなあとスッキリしない気分。
また走り、突然「あっ、りんごだ。」と
あまりに有名な名産を忘れていた、それも収穫時期に
僕は、、、、ボケたなあと 思った。






[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-27 18:27 | 駅・Station 情景スナップ | Comments(0)

飯山線 蓮(はちす)駅

b0128609_16151656.jpg


b0128609_16151432.jpg

ここに2年前に駅を撮りに来た時は、まだ北陸新幹線が開通していなく隣の飯山駅も
新しく新幹線駅と飯山線飯山駅として建造中だった。

b0128609_16151848.jpg


b0128609_16151757.jpg


そしてここも待合室など新しく建造工事中で、
駅撮りとしては「何とも中途半端な駅」撮り、気になってはいたが2年かかった。
駅は立派になっていたが、
そこから見えた飯山の風景を見て、「そうそうだった。」と信州の風景は変わっていなかった。




[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-25 18:14 | 駅・Station 情景スナップ | Comments(0)

冬本番

b0128609_00463921.jpg



b0128609_00503770.jpg


b0128609_00464110.jpg

b0128609_00473858.jpg

晩秋は終わったようである。
夜パソコンに向かっていると外では風が強く吹いる。

車もタイヤもそろそろ冬タイヤに交換ってことなのか
そうなると遠征するのも難しくなるなあと、
冬はどうも好きにはなれないのである。









[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-23 18:43 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

雲洞庵 座禅堂

b0128609_16461104.jpg


b0128609_16460945.jpg


b0128609_16461099.jpg


b0128609_16461019.jpg


b0128609_16460874.jpg

寺の料金所から入場して山門で、ここは他の寺院とは違うなと思っていたが
本堂に入ってもそれはお寺に違いはないが、地元新潟県でありながら
(新潟)らしくなかった、京都奈良のどこかの寺院を入ったようで
新潟県にこんな所があったんだと、
有名寺院だけに今更の気づきだった。







[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-21 18:44 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

雲洞庵 本堂にて

b0128609_16333552.jpg


b0128609_16331956.jpg

雲洞庵、本堂に入るまえ山門から「いいなあ。」と時間が掛かった。
さて本堂に入ると、またこれが雰囲気が違うし、
入口には注意書きがあって「撮影はかまいませんが、三脚はご遠慮ください。」とあった。


b0128609_16333637.jpg


b0128609_16333520.jpg



b0128609_16333666.jpg


b0128609_16351128.jpg

寺院の撮影禁止の多い中で、三脚はダメだけど
ご自由にどこもお撮り下さいってことだと
三脚は普段使わない僕だけに、実に嬉しく。
果たしてここは撮っていいのだろうか?と迷う事もなく
シャッターを切れるのは地獄に仏ならぬ、仏様さまだった。






[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-19 18:31 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

雲洞庵 赤門

b0128609_17085960.jpg


b0128609_17134508.jpg


b0128609_17134660.jpg



b0128609_17090089.jpg


b0128609_17085863.jpg



b0128609_17085844.jpg
ここ雲洞庵まで車で4時間(一般道で)、下手をしなくても福島県、
山形県方面を同じ時間車を走らせていたらかなりの県の中央部までいける。

そんな時間をかけて、ましてリベンジだったせいもあってか
目の前に寺院の樹木の山が見えてきた時は、興奮もあってか
「他とは雰囲気が違うな。」だった。

それでけに門だけで、何枚も撮った。






[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-17 19:07 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

2016 秋 夕景

b0128609_17010124.jpg


b0128609_17010310.jpg


b0128609_17010914.jpg


b0128609_17013307.jpg


b0128609_17013612.jpg

夏が終り、「秋が来てしまった。」と思っていたら
もう実際は暦上では冬、
ストーブは離せず、机に座る膝にはひざ掛けが必須になった。




[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-15 18:00 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

慈光寺の雨の午後

b0128609_17262315.jpg



b0128609_17262471.jpg



b0128609_17262466.jpg



b0128609_17262361.jpg

薄暗い本堂を三脚を持って移動した。
目の前で人が「わっ!」と僕を見て驚いた。

驚かれても不思議でないくらいひとけのない雨の寺院の遅い午後だった。

僕もその昔、撮っていると電気を消された記憶があった。
「そうかオレの気配は、ないのかも。」だった。




[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-13 19:25 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

慈光寺参道 弐

b0128609_17172595.jpg


b0128609_17172524.jpg


b0128609_17172685.jpg

ずっと昔、ここで撮っていると目の前に犬が現れた。
いつも僕を見ては、ほえれているここ慈光寺の犬、
そして目の前犬は鎖もされていず、後から人が来るようではなかった。
「まずいぜ。」と刺激せぬようにすれ違った事を思い出した。

今日は、、、セーフ。



[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-11 18:15 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

慈光寺参道 壱

b0128609_16483735.jpg

b0128609_16483881.jpg


b0128609_16483865.jpg

雨の日の午後、
空を見上げてあそこへ行こうかと
久しぶりに慈光寺へ行った。

誰もいなかった、そしてプライベートの参道になった。




[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-09 18:37 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

夏の残る桃崎浜

b0128609_15580118.jpg


b0128609_15575953.jpg


b0128609_15583453.jpg

夏が過ぎた誰もいない海、
でもどこか夏を感じた。

頭の中で、トワエモアがなった。











[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-07 18:18 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

浦佐毘沙門堂

b0128609_15221213.jpg

b0128609_15221389.jpg

b0128609_15221152.jpg

b0128609_15221170.jpg

時々初めて訪れると、思った以上に凄い事ある。
ついつい僕は「うぉー。」と声が出る。

b0128609_15221315.jpg


b0128609_15221056.jpg


b0128609_15221030.jpg



b0128609_15221207.jpg

そして一気に見てはもったいないと、
じりじりのろのろと見ては撮っては歩くのである。

風景を見るのにもビンボー症ってあるようである。








[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-05 18:20 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

弥彦山に登る

b0128609_14553523.jpg


b0128609_14553809.jpg
東京スカイツリーと同じ高さの弥彦山に登った。
当然スカイラインで車で、9合目までである。


b0128609_14554598.jpg
日本海に佐渡も見えれば、

b0128609_14554707.jpg
地上に降る雨も見える。

b0128609_14555021.jpg

そして、海に降る雨だって、

しかし、それは普段の雨と違って”客観的”な雨である。







[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-03 18:55 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

夏の思い出

b0128609_14301451.jpg

b0128609_14301706.jpg

b0128609_14303293.jpg

b0128609_14303565.jpg

b0128609_14303751.jpg

b0128609_14304145.jpg



b0128609_14385790.jpg


春の桜の季節同様に、待つのは待ち遠しいが、
それが過ぎてしまうと待っている時間の長さの数倍短さ、速さで過ぎていく。
旅行もおんなじ。

しかし、写真でしか記憶が頼れない頭の悪い僕は、
「今年夏なんてあったのあ?」と思ってしまうので写真の証拠はありがたいのである。



[PR]
# by nyanta2030 | 2016-11-01 18:29 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

種月寺

b0128609_23104718.jpg


b0128609_23110206.jpg


b0128609_23111128.jpg



b0128609_23191576.jpg


b0128609_23143706.jpg

誰も写っていないけれど、僕の他にここ登場し会話をした。
ひとりは、アマチュアカメラマンの爺さん、もう一人は住職。

会話はしてみるものである、話してみないと”その人”っていうのがわからない。






[PR]
# by nyanta2030 | 2016-10-30 19:13 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

あれもこれも、
風景が気に入ってたくさん撮ったり
撮ったけれど、1枚だと文面つながらず残ったりと、貯まってくるのだが。

b0128609_11280228.jpg

b0128609_11280513.jpg

b0128609_11280853.jpg

b0128609_11281495.jpg

b0128609_11281748.jpg

b0128609_11282514.jpg

b0128609_11282821.jpg

b0128609_11284734.jpg

b0128609_11284975.jpg

b0128609_11295327.jpg

b0128609_11285160.jpg

いつも思うのは、その「貯まるストック」同様に自分の銀行口座のお金も
貯まってもらいと思うだが。
そして「脱税で捕まりましたわい。」なんて記事を載せてみたいものである。








[PR]
# by nyanta2030 | 2016-10-28 18:26 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

b0128609_11163468.jpg


b0128609_11181910.jpg


b0128609_11185335.jpg


b0128609_11190272.jpg


b0128609_11190494.jpg


b0128609_11190812.jpg


b0128609_11191190.jpg

伐採された木の断面をある所で撮り損ねて「しまった!」と、撮る時撮っておかねば反省した。
それがずっと頭にあったので、間伐され積まれた木の断面を見てニンマリした。






[PR]
# by nyanta2030 | 2016-10-26 19:17 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

b0128609_10523274.jpg


b0128609_10524036.jpg


b0128609_10524829.jpg


b0128609_11252839.jpg


b0128609_10524802.jpg


b0128609_10525363.jpg


b0128609_10530117.jpg


b0128609_10532587.jpg


b0128609_10532767.jpg

写真家が言っていた。
モノクロは、現実の風景であって存在しない風景。
決まったシーンと撮るとカラー以上にドキリする僕である。



[PR]
# by nyanta2030 | 2016-10-24 18:51 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

富山を目指して北陸本線の駅を撮影しながら走る。
早朝出発のホテルに着く頃には夕刻。
だいたい筒石が「駅」に「町並」、「船小屋」が良すぎて時間を食った。

b0128609_11014497.jpg


b0128609_11014412.jpg


b0128609_11014536.jpg


b0128609_11014552.jpg


b0128609_11014647.jpg


b0128609_11014632.jpg


b0128609_11090114.jpg


b0128609_11014727.jpg


b0128609_11014854.jpg

映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」を観て
富山地鉄の駅風景にシビレた。
南富山駅、映画では自販機なんてなかったが、
自販機はスポンサーとかの問題あるのかもしれないが、
「ない」映画の方がしっくりした。





[PR]
# by nyanta2030 | 2016-10-22 18:59 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

b0128609_10280809.jpg

b0128609_10281085.jpg

b0128609_10281240.jpg

b0128609_10281867.jpg

b0128609_10282050.jpg

b0128609_10282430.jpg

b0128609_10282659.jpg

b0128609_10283151.jpg

b0128609_10294924.jpg
b0128609_10294924.jpg


b0128609_10295294.jpg
b0128609_10295294.jpg

b0128609_10295469.jpg

b0128609_10295757.jpg

b0128609_10300294.jpg

b0128609_10300528.jpg

路面電車のある街、富山市。
勝手は20数年前まであった新潟市民としては、
どこか懐かしいさもあるけど数パーセント、後は何たる交通網と
凄いなあと驚き、夜に走る路面電車を見て空腹を我慢して
「たまんねえ。」と撮りまくるくらいだった。









[PR]
# by nyanta2030 | 2016-10-20 19:26 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)