京都駅到着

b0128609_19305120.jpg



b0128609_19305124.jpg



b0128609_19305227.jpg

奈良から京都駅到着、
「僕は旅も終わったなあ。」だった。

b0128609_19305254.jpg

京都に到着したけれど、これから観光が始まるって訳でなく
あとは、深夜京都発の高速バスの時間を待つだけ。
とはいえ、
夕食の時間と、夜の京都の街を歩くくらいの時間はあった。



[PR]
by nyanta2030 | 2017-11-18 19:12 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

京都駅到着

b0128609_19305120.jpg



b0128609_19305124.jpg



b0128609_19305227.jpg

奈良から京都駅到着、
「僕は旅も終わったなあ。」だった。

b0128609_19305254.jpg

京都に到着したけれど、これから観光が始まるって訳でなく
あとは、深夜京都発の高速バスの時間を待つだけ。
とはいえ、
夕食の時間と、夜の京都の街を歩くくらいの時間はあった。



[PR]
by nyanta2030 | 2017-11-18 19:12 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

二月堂で休憩する

b0128609_01250773.jpg

東大寺二月堂隣の休憩所。
初めて来た時に、くたびれ、そして腹が減った。 
あちこちまだまだ見なければ思いつつ、
腹が減ってはと、カバンから京都で買った
やきもち出して食った、お茶は自由に飲めたので
お茶とやきもちを食べながら東大寺を感じた。

そしてお茶は自由でも”飲んだ後は湯吞み茶碗は洗って戻してくれ”とあるので
この流しで洗ったが、妙にこの雰囲気が昭和だった、
そんな事もあり今回も「そうだった。」と休憩所でちょっと休憩。

ただこの時は奈良駅前でとんかつ定食を食った後でもあり、休憩だけだった。


b0128609_01250749.jpg

正直、休憩はしたけど旅の疲れはピーク、
気力だけ、気持ちは次へと行きたかったが
さっき、休憩所で休んでも、ここでも景色みながら
また休憩、、、、旅って体力がいるものである。

もっとも、僕の計画に無理があるのかもしれないが。




[PR]
by nyanta2030 | 2017-11-16 18:24 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

東大寺二月堂裏参道

b0128609_23354661.jpg



b0128609_23354671.jpg

十分に撮る気起こさせるフォトジェニックな参道であり、
僕は大仏殿からの”表”参道かと思ってたら
坂を上がった所の道標に裏参道の文字があった。

b0128609_23354514.jpg

「えぅ?!」 だった。

大仏殿、鐘楼、三月堂、二月堂が表参道らしい(そう言われたら、土産物屋もある)。

b0128609_23354611.jpg

眺めていいると、やっぱりあの「三月のお水取り」を思い出す、
この階段をデカい松明を持って上がってきて
二月堂へと、そして「縁」の上から
「とりゃー!」と松明を振りまく、
一度それを見てみたいものだと思ってはいるが
いつになることやら。





[PR]
by nyanta2030 | 2017-11-14 19:33 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

法隆寺東大門と斑鳩の空

b0128609_14460325.jpg



b0128609_14460368.jpg

久しぶりの東大門の柱とのごつい抱擁をした。
国宝でOKだけど、同じことを女子したらどうなるんだろう、
変なことを考えた。

b0128609_14460406.jpg



b0128609_14460458.jpg

そして久しぶりに見るこの夢殿までの参道は
こんな長かったか?だった。
そんな長い石畳参道を「斑鳩だなあ。」と空を見上げていた。





[PR]
by nyanta2030 | 2017-11-12 18:45 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

法隆寺、五重塔を見て

b0128609_14274456.jpg



b0128609_14270944.jpg
金堂で中をじっくりとオペラグラスまで持って行ってのに
使うことはなかった。


b0128609_14270828.jpg
廻廊をくぐり中へと入ると今日は人がいないなあと思ったのは
あっという間、すぐにも修学旅行の団体さんが来て
これも奈良法隆寺の風景だよなあとちょっと納得して見ていた。


b0128609_14463439.jpg
これも国宝、、、国宝フェチにはたまらない法隆寺境内。


b0128609_14280811.jpg
法隆寺を修学旅行でまわれるのはちょっと羨ましかったが、
それ以上に保育園の頃から散歩コースになっている園児を見て
「いやーーー、これは参った。」だった。






[PR]
by nyanta2030 | 2017-11-10 18:26 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

b0128609_13584259.jpg

法隆寺の西門の向こう側、住所は「奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西」。
奈良、斑鳩、法隆寺のキーワードだけでも「いいねえ」なのだが
その実態の風景も気になっていた。

b0128609_14245853.jpg

やっぱりってな感じで、西大門の向こう側は
僕の期待を裏切ることはなかった。


b0128609_13590153.jpg

法隆寺を西大門から一旦出て振り返ると
五重塔の相輪が見えた。
「柿食えば、、、」の世界感が迫ってきた(笑)


b0128609_13591742.jpg

正直西大門までこんな光景を眺めながらも
頭は気にな西大門向こう向こう側の風景。

b0128609_13591987.jpg

ほーと、思いながらも頭は
西門の向こうの風景だった。

b0128609_13590435.jpg

そして今回法隆寺では落としてはいけない西円堂だった。


b0128609_14284329.jpg
三経院・西室

前回は西方面は全く見ず、
南大門をくぐってすぐに金堂、五重塔のある中門内へだったので
西大門、西大門の向こう側、西円堂と三経院の西室、
法隆寺の今回はキーワードは「西」だった。





[PR]
by nyanta2030 | 2017-11-08 18:48 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

b0128609_13405208.jpg



b0128609_13412417.jpg

久しぶりに会えた国宝南大門、
以前訪れた時に初めて意識したのが、法隆寺では国宝に触れるだった。
国宝は拝めるだけでなく、触れるのである。

南大門、東大門、金堂、五重塔、廻廊の柱とスリスリと
「国宝だよ~。」と触った。

当然この時も^^

b0128609_13405466.jpg

それから、あちこち触る国宝はスリスリ、
ここ東大門では周りに人が見てないを確認して
柱に抱き着いた。




[PR]
by nyanta2030 | 2017-11-06 18:24 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

その日、奈良駅から出発

b0128609_21070414.jpg



b0128609_21072324.jpg

ホテルの窓から奈良駅、高級ホテルも良いけれど
目の前が、JR奈良駅っていうのも僕にはポイント高かった。
夜ベットから起きては窓をのぞくと奈良駅が見えるのである。

b0128609_21095249.jpg

この常夜灯もうっすらとついていた。
やっぱり常夜灯だ。

b0128609_21095382.jpg

旧奈良駅で今は観光案内所になってるけれど
やっぱりこの建物を見ると「奈良来たぜ~。」と感じるだが、
近鉄線利用だと、奈良に到着しても 「何だかなあ」である。

ともかく、見納め、今度はいつになるか。


b0128609_21095211.jpg


やっと法隆寺へ到着、ずっと今度奈良へ行ったら法隆寺は二重丸で外せなかった。
一度は行ったが、全部見ていないし、気になる風景もあったので
法隆寺は優先順位は上位だったが、訪問は後になった。
やっぱり、大好きなおかずは最後に食う、、、、なのかもしれない。




[PR]
by nyanta2030 | 2017-11-04 19:04 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)

夜の奈良歩き

b0128609_23335250.jpg



b0128609_23334158.jpg

「奈良歩き」なんぞ悠長に書いているけれど、
この日朝から室生寺、飛鳥のあちこちを歩き、夕方近い大和郡山も歩き、
まして前日の疲れもあり、足はマメだらけ。


b0128609_23334188.jpg

フラフラで空腹状態で、「一杯やりてえ」の夜の奈良歩き。

b0128609_23341531.jpg



b0128609_23341351.jpg

この日夕食は、駅前の「餃子の王将」で天津丼、
ともかく腹に入れたかった。
ビールでも飲もうものならもう歩けそうになかったので
コンビのでビールとつまみを仕入れ
即効ホテルへ。

味気ない奈良の夜だったけど、僕にはしっかりと記憶に残った。





[PR]
by nyanta2030 | 2017-11-02 19:23 | 情景・風景・スナップ | Comments(0)