のぞき穴

b0128609_15132219.jpg

のぞき、はるか昔の小学生の頃、親戚の家に行くのに歩いていると、
目の前を10歳くらいの裸の女の子が「わー!」と云いながら横切った。
パンツ一丁で両手を上げながら「わー!」と叫びながら僕の目の前を横切ったのである。
「えっ?なに、なに??」、、、、「はだか?」
横切るだけなら、「おかしな奴!」で終わっているのだろうが、
相手は、裸であり、同年くらいの年頃の僕としては「なんじゃおい!」と気になった。

その子の入っていった家の平垣の穴からのぞいた。
2、3人の女の子がパンツ一丁で、次はだれだれ、、と会話しているが見えた。

事との仔細がわかれば純情だった僕は「のぞいは行けない事だ」とやめたのが
何十年経った今でもその光景は覚えていているのは、悪い事なんだろうか。




[PR]
Commented by sanbonki at 2016-10-07 21:22
nyanta2030 さん こんばんは
是非、一生覚えていて下さい。と言うか忘れられないでしょう(笑)
同年代と言うのがまた凄いですね?!
女の子は狙っていたのですかね?
Commented by nyanta2030 at 2016-10-13 14:22
> sanbonkiさん
ストリーキングなぞそんな言葉も知らない子供ですから、
正直目の前の光景に、何が何やら?? 
でも、あれが裸の男の子だったら、、、、のぞいてないし、印象、記憶もなくなっているのかもしれません。
by nyanta2030 | 2016-10-06 19:12 | 情景・風景・スナップ | Comments(2)